歯のホワイトニングを自分で行う方法

自分で行うホワイトニングについての情報を紹介しているサイト

ホワイトニングの前と後!注意するべきポイント

歯科治療中は行えないことも

歯科治療中の状態というのはそれだけでも口腔内は不安定な状態ですが、削ったり詰め物をしていたり、ボルトなどのインプラントを埋め込んでいる場合や被せものなどの材質によっては、ホワイトニングの薬剤と反応してしまう恐れのある場合があります。
歯科医院での治療時にそうしたことについての話は聞いていることもあるでしょうが、日常生活の中でのことまでは医院で指導するにも限界があるので、自分できちんと意識しておく必要があります。

市販品はとても多くの種類があり、薬剤の成分もさまざまなので成分にはより気を付けるべきです。
金属や歯の状態によってどんなものに反応する可能性があるのか、医院で聞いておくなりの準備をしてから始めても遅くはないでしょう。

効果を期待しすぎないこと

セルフホワイトニングに使える市販の商品はさまざまなものが販売されていますが、基本的に歯科医院で行うホワイトニングと市販品を使って自分で行うセルフホワイトニングとは違うものだということを覚えておきましょう。
仕上がりには個人差があるものですし、使用方法やタイミングなどによっても違ってきますが、きちんと実感できるだけの効果を求めるのであれば歯科医院で行うことをオススメします。

また、歯科医院で行うのでも、セルフでおこなうのでもしばらくの時間と手間はかかります。
時間の面ではセルフホワイトニングの方が融通はきくでしょうから、そうした部分や費用との兼ね合いを考えて、ライフスタイルに合った方法を選んで行いましょう。


この記事をシェアする