歯のホワイトニングを自分で行う方法

自分で行うホワイトニングについての情報を紹介しているサイト

自宅でのホワイトニングを効果的にするには?

セルフホワイトニングをする前に

市販のホワイトニング剤を使って行うので、歯科医院でのホワイトニングとは違いますが、それでも最低限の前準備は必要です。
まず、汚れた状態の歯でホワイトニングをすることはできませんし、やっても効果はありません。
セルフホワイトニングの多くが、歯の表面の汚れをペーストに吸着させて落とすという方法ですが、初めから汚れが付着した歯に行ってもほとんど意味がありません。

ホワイトニングに入る前に、歯を傷つけない程度に丁寧にブラッシングしてすすいだ状態で行うことが大切です。
とはいえ、あまり激しいブラッシングも禁物です。
歯の表面を不必要に傷つけてしまうと薬剤がしみて痛みの原因になってしまったりすることもあるので、あくまで適度を心がけましょう。

セルフホワイトニングをした後

セルフホワイトニングを行ったら、その後すぐに色の濃い飲食物を取ることはできるだけ避けましょう。
ホワイトニングをした直後は、歯はいつもよりデリケートな状態になっていますし、白い状態というのはどうしても汚れを吸着しやすいものです。
色の濃いものを摂りたくても、少し間を空けるのが望ましいでしょう。

また、日々のブラッシングも継続して丁寧に行うことが大切です。
歯の汚れは日々付着しますし、表面についてしまった汚れを放置しているといずれ定着してしまいます。
そうしてできた汚れが黄ばみとなり全体的に黄ばんだ歯となってしまいます。
ホワイトニングをしたからキレイになったのではなく、その後のケアもきちんと行うことが大切です。


この記事をシェアする